高橋歯科医院 〒940-0066 新潟県長岡市大手通り1−5−2 タカノビル4F TEL:0258-36-5622 FAX:0258-36-5637



成人歯科 (一般歯科)
専門の歯科医師による治療

大人の患者さんの場合、う蝕や歯周病の治療だけでなく義歯やインプラントなど特別な治療があります。そこで一人の先生がすべての治療を担当するのではなく、大学病院のように治療の内容によって専門の歯科医が協力して治療を担当します。
 
歯科でも治療の内容によって専門の科があります。

  ◆小児歯科・矯正歯科  (乳歯に治療や予防、歯ならびの治療)

  ◆歯周治療科  (歯肉炎や歯周病の治療や予防)

  ◆保存治療科 (う蝕の治療や歯の根の治療)

  ◆補綴(ほてつ)治療科  (銀歯やブリッジ、義歯、顎の痛みなどの治療)

  ◆口腔外科  (抜歯や顎の手術)
歯科衛生士担当制

私たちの歯科医院の大きな特徴は、歯科衛生士担当制を採っていることです。担当歯科衛生士が患者さんの口の中の詳しい検査を行います。この時、患者さんの問題や希望についてよくお聞きし、予防や治療のシステムについて大まかな説明を行います。担当の歯科衛生士は、治療に際しては、患者さんと先生の連絡を行う大切な役割をしています。もちろん、歯科衛生士は、リスク検査、プラークコントロール(歯磨き指導)、スケーリング(歯石除去)、PMTC(歯科衛生士による機械的歯面清掃)、メインテナンス(定期健診)など口腔の健康に関する多くの役割を担当します。これは、今までのような治療中心の歯科医療ではなく、予防を中心とした歯科医療が大切だと考えているからです。

 
歯周治療の流れ
初診時には、患者さんの主訴についてお聞きし、レントゲン検査を行います。痛みや腫れなどで応急治療が必要な時は治療の時間をとります。応急治療の必要がなければ、次回は、担当の歯科衛生士を決め、診断に必要な「歯周精密検査」を行います。担当の歯科衛生士は、患者さんの問題や希望についてよくお聞きし、予防や治療のシステムについて大まかな説明を行います。初めに担当歯科衛生士によりプラークコントロール、スケーリングなど歯周病の「初期治療」が行われます。歯肉の状態がよくなったら、むし歯やブリッジ、義歯などの治療を行います。治療が全部終了すると、歯肉の「再評価」を行い、問題がなければ、治療後の状態を維持管理する「メインテナンス(定期健診)」となります。
このようなシステムは、従来よりも治療終了までの時間がかかりますが、むし歯や歯周病の原因に対してきちっと対応できるため、長期的に見れば再治療が少なくなり時間も費用も節約することが出来ます。
 
メインテナンス
メインテナンスは、治療によって得られた口腔内の健康な状態を持続させ、再発を防止することを目的にしています。メインテナンス(定期健診)は歯科医療の中でもっとも重要なステップです。
 
Copyright © 2007 高橋小児歯科医院 All Rights Reserved