高橋歯科医院 〒940-0066 新潟県長岡市大手通り1−5−2 タカノビル4F TEL:0258-36-5622 FAX:0258-36-5637



インプラント 治療 高橋 歯科医院
 
インプラント治療とは、歯がなくなった顎の骨にインプラントと呼ばれる金属の人工歯根を埋め込み、その上に歯を被せる方法です。歯を失ってしまった場合、ブリッジや入れ歯で、その機能を回復させるのが一般的な治療法でしたが、最近では“インプラント治療”が多く行われるようになってきました。
 
インプラントのメリットとデメリット
人工歯根を歯槽骨に埋めるため、噛む力も自分の歯で噛んでいる様にある程度回復することができます。両どなりの歯を削らずに治療でき、入れ歯を入れなくても済む場合があります。また、より自然な口元を回復できます。
しかし、手術をしなければいけない、保険の適用ではないので治療費が高い、治療が終わるまでに時間がかかる・・・など患者さんの負担となる面もあります。
また、全身疾患がある方やお口の中の状態によっては行えない場合もあります。
インプラント治療の実際
インプラント治療はインプラントを埋め込む手術後、骨の中で安定するまで3ヶ月〜6ヶ月待ち、その後インプラントに土台を連結し、型をとって2週間から4週間で被せ物を装着します。
 
左下奥歯1本が欠損。
ブリッジでの治療だと両隣の歯を削らなければならず、また支えになる歯には大きな負担がかかります。
インプラント治療により、他の歯に負担をかけず、セラミックの被せもので見た目もきれいになりました。
 
右下奥歯2本が欠損。(遊離端欠損)
欠損部の奥に残っている歯がなく、この場合、両隣をつなぐブリッジでの治療はできません。一般的には、義歯(部分入れ歯)での治療になります。
   

右上2番目の歯が先天欠如(生まれつき欠けている)していて、隙間があります。
このままの状態ではスペースが狭く、歯を入れることができません。
矯正治療を行って、歯の入るスペースをつくります。
欠損部にインプラントを埋入。
セラミッククラウンを入れ、隙間のないきれいな歯並びになりました。
 
最近ではインプラントの成功率は飛躍的に良くなり、10年経ってもインプラントを問題なく使えている方は95%もいらっしゃいます。
インプラント治療を行うには、お口の中の衛生状態を整えてから行う必要があります。もちろん治療後も良い状態を維持していけるように定期健診(メンテナンス)を行っていく必要があります。
※詳しくはスタッフにご相談ください。
 
Copyright © 2007 高橋小児歯科医院 All Rights Reserved