高橋歯科医院 〒940-0066 新潟県長岡市大手通り1−5−2 タカノビル4F TEL:0258-36-5622 FAX:0258-36-5637



歯ならび(保隙、予防矯正、矯正)
6歳臼歯の萌出
 
6歳頃になると、乳歯の歯ならびの後ろに6歳臼歯という大きな永久歯が萌えてきます。
この6歳臼歯は、乳歯と萌え変わる永久歯ではありません。乳歯の後ろに萌え加わってくる永久歯なのです。上の6歳臼歯と下の6歳臼歯が正しく咬み合うためには(上の6歳臼歯の手前側の山が下の6歳臼歯の中央の溝で咬む)、6歳臼歯は一番奥の乳歯の後ろの根にガイドされながら正しい位置に萌えてくるのです。つまり前方の乳歯を押しながら萌えてくるのです。

6歳臼歯は前方の乳歯を押し
ながら萌えてくる。

上の6歳臼歯の手前側の山が下の6歳臼歯の中央の溝で咬む。これのよってその後に萌えてくる永久歯が山と谷という正しい位置関係で歯ならびができる。
 
もし6歳臼歯が萌えてくる時期に、乳歯の歯と歯の間 にむし歯が出来ると、むし歯で歯の形が無くなった分 だけ6歳臼歯は前方に萌え、後から萌えてくる永久歯 の場所が狭くなり歯ならびが悪くなってしまいます。

6歳臼歯の萌出による隣の歯の空隙への移動
 
保 隙 -高橋 歯科医院

クラウンループ型保隙装置
そこで、乳歯が生え変わる時期よりも早期に無くなった場合には、永久歯が萌えてくるまでの間その場所が狭くならないように保隙装置を入れて永久歯の場所を確保します。将来永久歯が萌える頃になればこの装置を除去します。これは歯ならびが悪くならないようにするための治療です。このような治療は年に3〜4回程度の定期健診を行うことが条件になってはじめて行える治療です。
 
予防矯正 高橋 歯科医院

永久歯が萌えてくる時、その永久歯の萌えてくる時期や順序、方向などに問題がある場合には、早期にその問題に対処する事によって、できるだけ不正咬合を予防する事が大切です。そのためには、年に2〜3回程度の定期健診が必要です。
 
<6歳臼歯の異所萌出>  
 
6歳臼歯が乳歯の歯ならびの後ろに萌えないで、手前の乳歯の根を吸収しながら引っかかっています。このままでは乳歯は早期に抜けて、6歳臼歯は前方に萌え、5〜6年生で萌えてくる第二小臼歯の場所が無くなってしまいます。
   
そこで、乳歯に小さいバネを付けて、6歳臼歯を正しい位置まで誘導しました。このような奥歯の不正は患者さん自身にはわからず、見逃されてしまうことが多いのです。定期的な健診で早期の発見することで対処する事ができます。
   
<反対咬合>  
この患者さんは、1〜2年生くらいの年齢で、上の前歯2本と下の前歯4本が萌え変わっています。上の前歯2本が内側を向いて萌えてきたため、下の歯と反対に咬んでいます。全体的には歯ならびの問題はそれほど大きくないようです。
 
そこで、この咬みかたを早期に改善するため、簡単な装置を4ヶ月ほど使用しました。
 
咬み合わせを早期に改善することによって、正しい永久歯の歯ならびを育成していきます。
 
矯正治療
矯正治療は、永久歯の歯ならびがそろう中学生くらいからはじめることが多いと思います。しかし、永久歯がそろってもまだ矯正治療に心配がある場合は、高校生になってから開始する方もいます。もちろん成人になっても矯正治療は可能です。永久歯がそろうまでの小学生頃は、歯ならびを悪くしている原因にできるだけ対処し予防することや予防的矯正治療などが中心です。
 
矯正前 ブラケットにて矯正 矯正後
 
矯正装置
矯正を行うためには、ブラケットという小さな器具を、一個一個の歯に接着剤で付けます。そして細いワイヤーからだんだん太いワイヤーに変えていきます。
装置を付けている期間は、歯ならびによっても違いますが、2年から3年くらいです。装置をはずした後も、歯ならびが元に戻らないように矯正治療と同じくらいの期間保定装置を使用します。
 
歯磨き
矯正中に問題になるのは、むし歯になりやすいことです。矯正中は歯磨きをしっかり行ってむし歯の予防に十分気を付けて下さい。どうしても食べ物がブラケットとワイヤーの間に挟まってしまうので、1日1回は時間をかけて丁寧に磨いて下さい。
 
矯正中の痛み
矯正装置を付けたとき2,3日歯が浮いたように感じになって、硬いものを強く噛めなくなります。しかし、3,4日過ぎるとだんだん噛めるようになり今までと同じように何でも食べられます。
 
矯正治療 費用
矯正治療には保険が適応されていないため自費診療になります。費用は歯ならびによっても異なります。詳しくはご相談下さい。
 
Copyright © 2007 高橋小児歯科医院 All Rights Reserved