高橋歯科医院 〒940-0066 新潟県長岡市大手通り1−5−2 タカノビル4F TEL:0258-36-5622 FAX:0258-36-5637
 
高橋医院 学校歯科保健

1年生「6歳臼歯の大切さ」


6歳臼歯は永久歯の中で一番大きく、咬む力も一番強く、食べ物を咬む中心となる歯です。
6歳臼歯は6歳頃に乳歯の後ろに萌えてくる永久歯です。乳歯と萌え変わる永久歯ではありません。上の6歳臼歯と下の6歳臼歯が正しく咬み合うためには(上の6歳臼歯の手前側の山が下の6歳臼歯の中央の溝で咬む)、6歳臼歯は一番奥の乳歯の後ろの根にガイドされながら正しい位置に萌えてきます。

6歳臼歯は前方の乳歯を押しながら萌えてくる。

上の6歳臼歯の手前側の山が下の6歳臼歯の中央の溝で咬む。これのよってその後に萌えてくる永久歯が山と谷という正しい位置関係で歯ならびが出来る。
6歳臼歯が萌えてくる時期に乳歯の歯と歯の間にむし歯が出来ると、歯の形が無くなった分だけ6歳臼歯は前方に萌え、後から萌えてくる永久歯の場所が狭くなり歯ならびが悪くなってしまいます。

6歳臼歯の萌出による隣の歯の空隙への移動

6歳臼歯は乳歯の後ろに萌えてくる歯なので、まず歯の山のてっぺんの部分が歯肉から見えてきます。さらに時間をかけて歯が徐々に萌えてきます。この萌えている途中の磨き方が難しいのです。


@ポツンとでてきた

Aあともうすこしだ

Bぜんぶでた!

まえからみがくととどかない

口のあけ方をちいさくするとみがきやすい

歯は萌えてきた時はまだ未熟(柔らかく)で、1〜2年して硬い強い歯に成熟していきます。
つまり萌えてきた時がむし歯になりやすいのです。6歳臼歯の磨き方に注意するとともに、歯を強くするためのフッ素の応用は効果的です。
<1年生が覚えること>

○ 6歳臼歯はおとなの歯(永久歯)
○ 乳歯の後ろに萌えてくる歯
○ 大きくて咬む力が一番強い歯
○ 咬む溝が深くて、むし歯になりやすい歯
○ 萌えてくる時にむし歯になりやすい
Copyright © 2007 高橋小児歯科医院
〒940-0062 新潟県長岡市大手通り1−5−2 タカノビル4F